〜シリーズ「ここで生きる」〜
『いのちの場所』

孤独な「いのち」と向き合う現代
その苦しさを解きほぐす思想とは・・・

詳しくは岩波書店HP
(メッセージ動画配信中)

画像をクリックすると
詳細を表示します

◆内山節著作集(全15巻)
  
 各巻とも、著書自身による解題と初書籍化の関連論文を収録。
 内山哲学の“完全版”です!

 第1巻 労働過程論ノート
 第2巻 山里の釣りから
 第3巻 戦後日本の労働過程
 第4巻 哲学の冒険
 第5巻 自然と労働
 第6巻 自然と人間の哲学
 第7巻 続・哲学の冒険
 第8巻 戦後思想の旅から
 第9巻 時間についての十二章
 第10巻 森にかよう道
 第11巻 子どもたちの時間
 第12巻 貨幣の思想史
 第13巻 里の在処
 第14巻 戦争という仕事
 第15巻 共同体の基礎理論



『半市場経済』
角川書店(2015)
角川書店HP


『哲学者
内山節の世界』
新評論(2014)
詳細(新評論HP)


『新・幸福論』
新潮選書(2013)
詳細(新潮社HP)


『ローカリズム原論』
農文協(2013)
詳細(農文協HP)


『文明の災禍』
新潮新書(2011)
詳細(新潮社HP)


『自然の奥の神々』
宝島社(2010)
詳細(宝島社HP)


『共同体の基礎理論』
農文協(2010)
詳細(農文協HP)


『清浄なる精神』
信濃毎日新聞(2009)
詳細(信毎の本HP)


『怯えの時代』
新潮選書(2009)
詳細(新潮社HP)


『日本人はなぜキツネに
だまされなくなったのか』
講談社現代新書(2007)

目次前書(PDF)


『戦争という仕事』
信濃毎日新聞社
(2006)


『<創造的である>ということ』
上巻「農の営みから」
農文協(2006)


『<創造的である>ということ』
下巻「地域の作法から」
農文協(2006)


『<里>という思想』
新潮社(2005)


『里の在処』
新潮社(2001)


『自由論』
岩波書店(1998)


『市場経済を組み替える』
<共著書>
農文協(1999)


『ローカルな思想を創る』
<共著書>
農文協(1998)


『貨幣の思想史』
新潮社(1997)


『思想としての労働』
<共著書>
農文協(1997) 


『子どもたちの時間』
岩波書店(1996)


 『労働過程論ノート』  (1976)田畑書店
      同   増補版(1984)
 『山里の釣りから』   (1980)日本経済評論社
      同        (1995)岩波書店「同世代ライブラリー」
 『存在からの哲学』   (1980)毎日新聞社
 『戦後日本の労働過程』(1982)三一書房
 『労働の哲学』      (1982)田畑書店
 『フランスへのエッセー』(1983)三一書房
 『哲学の冒険』      (1985)毎日新聞社
     同         (1999)「平凡社ライブラリー」
 『自然と労働』      (1986)農文協
 『自然と人間の哲学』 (1988)岩波書店
 『情景のなかの労働』 (1988)有斐閣
 『<森林社会学>宣言』 (1989)有斐閣<編著書>
 『自然・労働・協同社会の理論』(1989)農文協
 『続・哲学の冒険』   (1990)毎日新聞社
 『山里紀行』       (1990)日本経済評論社
 『戦後思想の旅から』 (1992)有斐閣
 『やませみの鳴く谷』  (1992)新潮社
 『時間についての十二章』(1993)岩波書店
 『森にかよう道』     (1994)新潮社
 『森の旅』         (1996)日本経済評論社


かみつけの国 本のテーマ館さんのページには、
解説付きの著書一覧が掲載されています。
●かみつけの国 本のテーマ館さんのページにジャンプ●